一人で座る女性

春に増加

春になると増えるうつ病の種類

うつ病というのは、日本で増加傾向にある精神疾患です。うつ病の症状は、抑うつ気分や不安、食欲低下、不眠症などの症状が長く続きます。現在は一般的に広く知られている病気ですが、昔は十分に認識されず怠け病と呼ばれていました。 うつ病にもいろいろな種類がありますが、なかでも春特有のうつ病は「春うつ」と呼ばれるものです。この「春うつ」という種類のうつ病は、入学、入社など春に集中する出来事が原因で起こる症状です。今まで自分が慣れ親しんできたものとの別れが契機となり、虚無感に包まれます。 その他にも、3月、4月などの季節は気温が不安定です。とても寒い日もあれば、ポカポカ陽気の日もあります。このように気温が不安定だと、体の自律神経が混乱します。その結果、うつを発症させてしまいます。

春うつを予防するための方法

「春うつ」という種類のうつ病を予防するには、まず思いっきり深呼吸することが大事です。特に暖かい太陽を見ながら深呼吸をすることで、体に無意識に蓄積されていたストレスを発散させられます。なので、気分が落ち着かなくなった時には、息を吐くことに集中して大きく深呼吸をすると良いです。 その他の予防方法は、春には入社式や引越しなどで新しい人間関係が始まります。その時に、新しく会う人に好かれようと頑張りすぎないことです。嫌われないようにと気を使ってしまうと、人間関係が億劫になります。なので、今まで付き合ってきた友人関係を大切にしながら、徐々に新しい交友関係を築いて行くと良いです。この種類のうつ病予防で大切なのは、無理をしないことといえます。