心のなやみに強い味方

うつの改善に向けて

うつ病で悩んでいる人が、全国各地に数多くいます。うつ病の種類も様々で、人によって症状が異なります。子どもを出産することでうつ病になる人もいます。改善に向けて努力していく必要があります。

 詳しく読む

記事一覧

症状の違い

うつ病の種類についてどれが自分に当てはまっているのか調べてみませんか?適切な治療法を選びましょう。

うつ病の種類に関する情報がコチラに載ってます。|うつ病チェック.jp

うつ病の種類で症状も違ってくる

うつ病の種類は、大きく分けて2種類になります。 大うつ病と双極性うつ病の2つですが、それぞれに症状があります。 大うつ病は、生活上でのストレスが主な原因とされ、体重の減少或いは増加、疲れやすい、不眠症などですが、双極性うつ病は、やる気があってもすぐにガクッとなってやる気が減少したり、気分の浮き沈みが激しいのが特徴になります。 各うつ病の症状は似ていますので間違えられる事もあります。軽いうちは、イライラや憂鬱や気分が乗らないなどですが、進行してきますと、自分の存在を否定して、生きる希望や意欲がなくなったりと、とても恐ろしい病気です。 早期発見早期治療が患者を救う手段となりますので、家族や周囲の気づきで最悪の場合を逃れられる可能性もあります。

特徴を理解して協力しよう

うつ病は、種類が何種類かありますが、症状の現れを見落とさず気づいて大切な方を救ってあげましょう。最近では、新型うつ病なども出てきています。これは、新入社員などと言った若い世代に多くみられます。双極性うつ病に症状が似ています。 真面目で完璧主義者で、挫折を知らない方に多く見られます。その原因を消去すると治りやすくなります。治療方法は、薬と併用に睡眠薬などを服用したり、家族や周囲の方の配慮などの協力になります。 先ずは、病院や専門のカウンセリングやクリニックを利用して指示や薬の処方などのアドバイスを得る事です。ほっておいても良くはなりませんし、早い治療が回復に役立ちます。周囲にうつ病の症状が出ている方がいましたら、カウンセリングを勧めてください。大切な方が楽しく生活できる手立てをして差し上げてください。

新しいうつ病の種類である若作りうつ

女性というのは、本能的にいつまでも若く見られたいという欲求があります。そして、テレビの芸能人は年齢よりも若く見える人が多く、女性の間でアンチエイジングの風潮が強まっています。そのため、若作りうつという種類のうつ病が増加傾向にあります。 この若作りうつという種類のうつ病は、自分の老いや衰えを意識してうつ状態になってしまうことです。頑張って若く見られたいのに上手く行かず、イライラ、不眠、頭痛などの症状が起こります。 この種類のうつ病になりやすい方には、いくつか特徴があります。まずは、若い時分に年齢よりも若く見られていた方、いつまでも女として人に見られたい願望が強い方が当てはまります。上記に当てはまる方は、気をつけたほうが良いです。

うつにならないための方法とは

若作りうつという種類のうつ病にならないためには、気持ちの持ち方が大切になります。まず、一番肝心なことは、自分の現在の年齢の体力や一般的な老化現象を把握することです。そして、いつまでも昔の状態を維持できないことを認識する必要があります。たとえば、顔にシワを見つけたとしても、自分の年齢では当たり前と受け入れる必要があります。 また、テレビなどの芸能人を見ると、自分もあんなふうにきれいになりたいと強く思いがちになります。しかし、「芸能人は特別な人種」と割り切ることも大切といえます。 また、逆に周りの方で若作りうつに悩んでいる方がいたら、「今のままで良い」と言ってあげる必要があります。一言声をかけるだけで、精神的に楽になれます。

出産直後の父親が陥りやすいうつ病の種類

女性が出産後におちいるとされるのが、産後うつという種類のうつ病です。この種類のうつ病は、これからきちんと子どもを育てられるか不安になることで発症します。実は近年では、男性にも同じ産後うつがあると判っています。 そもそも男性が産後うつになる理由は、やはり父親になるということが想像以上にプレッシャーがかかるからです。特に子どもを初めて持つ場合は、不安が先行して大きな負担がのしかかりやすいです。家計を支えていかなければいけない責任感、理想の父親になれるかというプレッシャーのせいで、この種類のうつ病が発症します。 女性の場合は、家族や友人など周りの人に話を聞いてもらって解決する傾向があります。しかし、男性は自分の中に悩みを抱え込む傾向にあるので、ますます症状が悪化します。

心の病といいますが、結構他にもいろんな原因があるうつ病には種類があります。そしてそれらは原因がそれぞれ違ってきます。

新しいうつの形

うつ病には様々な症状や種類が存在しますが、近年は新しいうつの形も出てきています。うつ病なのかどうか分かりにくいものも多いため、どういったものがあるのかを、多くの人が知っておく必要があります。

 詳しく読む

産後のうつ病

様々なうつ病がありますが、その中でも産後にうつ病を発症するという女性が増えてきています。気づかれにくいものもあるので、夫や周囲の人が気付いてあげる必要があります。様子がおかしいと感じたら専門機関に相談しましょう。

 詳しく読む

春に増加

うつ病の症状の種類は人によって異なりますが、発症時期も人によって違います。ですが春に発症する人が多いという傾向があります。春に発症するものは春うつと呼ばれることがあります。

 詳しく読む

治療を行なっていく

うつ病の治療方法はいくつか存在しています。薬の投与や心理療法によって、うつ病を改善していくことが可能になっています。様々な種類の薬がありますが、抗うつ剤というものが薬として主流になってきています。

 詳しく読む